「航空発祥の地・所沢」だから「ソラバル」

航空発祥の地・所沢
所沢航空発祥記念館

1911年(明治44年)4月1日に完成した日本初の飛行場「所沢陸軍飛行場」で同月5日、「アンリ・ファルマン機」が日本のソラを初飛行したことから、所沢は「航空発祥の地」をうたっています。

本イベントは、下記のように「ソラ」に多数のゆかりがある所沢で行われる街バルであることから「ソラバル」と名付けられました。

◎飛行場跡地は所沢航空記念公園となり、所沢航空発祥記念館も併設
◎西武ライオンズの「ライオンズブルー」も「空の青」
◎日本で最初の航空専門学校「国際航空専門学校」も所沢にあり、初代名誉校長・徳川好敏はアンリ・ファルマン機で日本初飛行したパイロット(清水徳川家第8代当主)
◎東北から中国地方まで日本のソラをコントロールする「東京航空交通管制部」も所沢にある
◎在日米軍の所沢通信基地もある

「ソラバル」は、頑張っている元気な飲食店さんを応援するためだけのイベントではなく、地域をアピールし、まち全体を活性化するイベントでもあります。